FC2ブログ

砺波商工会議所青年部 NEWS

砺波商工会議所青年部のお知らせ、活動報告などの近況

園児たちと植えたチューリップが開花

昨年の10月30日(火)、となみ散居村ミュージアム内に北部こども園の子供たちと植えた
チューリップが見事に開花しました。

平日昼間という時間にも関わらずご参加頂いた方々には本当に感謝しております。
その甲斐あって、どこまでも続く綺麗なチューリップの道が庭園を鮮やかに彩っていたと思います。

今年も今回以上に綺麗な花を咲かせられるよう、皆様のご協力をお願いします。

[004]DSC_0202_R[005]DSC_0201_R


スポンサーサイト



  1. 2013/05/30(木) 11:47:19|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

となみ夜高まつり グッズ販売

「となみ夜高祭り」をさらに盛り上げ、県内外に広めたいとの思いで
当青年部が夜高グッズを製作・販売しております。
毎年、好評をいただいておりますTシャツ、カレンダー、拍子木(子供用)と
今年度は新たにリストバンド、パズルを製作販売しております!

カレンダーは砺波市内の行燈を掲載しております。(2013・7月~2014・6月)
毎年新しいデザインに変わるTシャツ、今回は全国から「となみ夜高祭り」に集まれ!
との思いのデザインになっております。
リストバンドは、出町地区の17町内の法被の絵柄を参考にしたデザインとなっており
夜高祭り当日や運動会などにもご利用いただければ幸いかと思います。是非、お買い求め下さい。  
(地域交流委員長  朝倉義晴)

image6.jpgimage7.jpgimage_20130720113845.jpgimage1_20130720113848.jpg


  1. 2013/05/25(土) 11:31:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

富山県連 定時総会開催

5月11日(土)富山県商工会議所青年部連合会の定時総会が、射水市の第一インに於いて行われました。

久保会長(氷見)から三箇会長(射水)に代わり富山県連の25年度がスタートしました。
三箇会長の挨拶では、今年度のスローガン『みんなで創ろう NEXTステージ ~つなげようビジネスの和~』の下
既存のデーターベスとグループウェア「エンジェルタッチ」を活用して県内8単会
約900名の県連会員がつながりビジネスパートナーにまで発展できるシステムの構築を目指したいと語られました。


今後も県連事業がありますので、会員の方には多数の出席をいただき
他単会の会員との交流を深めてもらいたいと思います。

[003]DSC_0288_R[002]DSC_0290_R


  1. 2013/05/15(水) 11:40:56|
  2. 事業報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タピ・ドゥ・フルーとなみ2013

本年度のタピ・ドゥ・フルーとなみは砺波市美術館前で行われました。
当日は多くの観光客やお客様で賑わい、沢山の笑顔に溢れたイベントとなりました。
各ブースの担当者からのコメントをどうぞ!

フラワーアレンジメント
本年度のフラワーアレンジメント販売は今までと場所が違い、期間も短かったので
どれだけの方に来て頂けるか心配していました。
初日はあいにくの天候で残念な結果となりましたが、二日目、三日目とたくさんの方に来て頂き
花籠作りを楽しんで頂けてよかったと思います。
(事業委員会・石村副委員長)

こどもブース
本年度、タピ・ドゥ・フルーとなみでは子供たちにスポットをあて
いかに楽しんでもらえるかを考え、こどもブースを設置しました。
1日目はあいにくの天候で思ったようにはいきませんでしたが
二日目にはメダル集めて景品をもらって帰る子供の笑顔がとても印象に残っています。
(事業委員会・渋谷副委員長)

砺波文化ブース
本年度のタピ・ドゥ・フルーとなみでは、市外からの来場者の皆様へ砺波の
「チューリップ以外の地域文化」を紹介するため「砺波文化ブース」を設置しました。
主な紹介文化として出町子供歌舞伎曳山と砺波夜高祭を「記念撮影用顔出しパネル」と
「田園行燈製作体験」を用いて紹介致しました。
顔出しパネルは好評で、子供役者と粋な夜高曳き子になりきっておられました。
田園行燈においては昔からの製作工程をそのままにし、実際の製作を肌で味わって頂きました。
(事業委員会・天野理事)

総括
今年度のタピ・ドゥ・フルーは「子供達の花を愛する心を育む」という目的に沿って
子供たちが会場内で楽しめるブースをたくさん用意しました。
初日は嵐となり、花のじゅうたんを製作されに来られた市内の小学生の皆さんには
「タピ・ドゥ・フル―」を十分に味わってもらえなかったことは非常に残念でしたが
二日目は、観光客の子供たちが楽しそうにしている姿が見られて、安心した次第です。
(事業委員会・佐藤委員長)
image2_20130720112905.jpgimage4.jpgimage5.jpgimage3.jpg




  1. 2013/05/08(水) 11:19:58|
  2. 事業報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0